流体の吸入と排出を測定する方法

体液の摂取量と排出量を測定することにより、腎臓がどれくらいうまく機能しているかが示されます。流体は必ずしも口で取られるものではなく、静脈内の液体も含む。アウトプットの測定には、尿や血液や嘔吐などの他の体液の排水が含まれます。腎臓病、うっ血性心不全または術後の患者は、摂取量および排出量の記録を維持するための候補者である。流体の過負荷は危険な状態であり脱水であり、入力と出力の測定が必要な場合があります。理由にかかわらず、すべての測定値は1〜2時間ごとに監視され、看護師のシフトの終わりに合計されます。

静脈内バッグ、フォーリーカテーテルバッグおよび排液バッグにすべての液体を記録することによって、液体の摂取および出力を開始する。患者が口で食べたり飲んだりする場合は、オンスや食物の量を体重別に記録します。記録シートに1時間ごとの液体摂取量を記録します。将来の測定のために記録時間とともに液体の容器に印をつけてください。記録時に静脈内の液体に印を付けます。

便器に便器帽子を置き、患者に帽子の中を空にして、便器に直接触れないように指示します。彼に帽子をはずさないように指示してください。帽子が空になる必要があるときに患者に連絡するように患者に指示します。帽子からすべての液体を測定カップに空にし、測定値を記録する。

すべてのフォーリーカテーテルと排水バッグを空にし、出力測定値を記録シートに記録します。嘔吐(嘔吐)の量を測定し、それをシートに記録する。腸の動きについては、特定の時間内に排便が起こった回数を記録する。おむつを着用している赤ちゃんのためにイベントを記録している場合は、毎回おむつを体重測定して体重を記録してください。

スタッフに知られていない体液入力に関する記録の間隔ごとに患者に質問する。患者に、体液を保持しているすべての容器を保存するように指示します。これには、ポップス、ゼリー、キャンディ、プリンが含まれます。いくつかの入力と出力のグラフは、これらの種類の食事のオンスに換算します。そうでない場合は、食事のサイズを報告してください。

8時間ごとの入力と出力の測定値の合計。患者のグラフに摂取量と排出量を報告します。吸気と出力の重大な違いが生じた場合は、医師にご相談ください。測定値は互いに等しく、数オンスを引いたものでなければなりません。出力よりもはるかに高い入力は、流体の保持の兆候であり、流体の過負荷を引き起こす可能性があります。脱水により、入力よりもはるかに高い出力が得られます。