ブレースからワイヤを取り外す方法

歯科装具は、主に歯を真っ直ぐにして、咬傷と咬傷を修正して、美しい笑みを浮かべるために使用されます。着用中の括弧は不快なものになり、調整に時間がかかります。あなたが慣れるまでには、調整したり取り除いたりする時が来ました。歯の歯科矯正装具は最終的には鎮静化し、歯科矯正はそれらに多くの力をかけることなく歯を適所に安定させる。中括弧を取り除くことに関しては、歯科矯正医は単にワイヤーとブラケットを患者の口から取り出します。

手を完全に洗い、手袋を着ないでください。患者に歯磨きをし、うがいをしてよくすすいでください。

アーチワイヤと呼ばれる歯の周りを回るバンドを外す。このワイヤは、通常、結紮糸と呼ばれるゴムバンドまたは編組ワイヤによって所定の位置に保持される。ブラケットの周りから各ゴムバンド結束を取り外します。編組線が配置されている場合は、小さな消毒ピンセットで編み込みを解きます。結紮バンドを外した後、アーチワイヤが滑り落ちます。

小さな消毒針のペンチで歯科用ブラケットを取り外します。ブラケットの小さな腕にプライヤーのくちばしをつけて、ブラケットの小さな腕が飛び出すまでねじってください。小さな歯よりも大きな根で大きな歯で始める方が簡単です。アーチワイヤーが取り外されたときに、あなたの自由な手で歯を安定させてください。バンド付きの臼歯の場合は、ガムラインの近くに器具を入れ、歯の周りをガムラインから押し上げる必要があります。

歯科用ワイヤーバンドとブラケットは、安全のために鋭利なバイオハザード容器に処分してください。

エメリーボードを使用して、歯に残っている大きなセメントを除去します。