ブラケットブラケットにワイヤーを入れる方法

ワイヤーは、歯を矯正する責任を担う括弧の不可欠な部分です。場合によっては、ブレースのワイヤーが損傷を受けたり、ブラケットから緩んだりすることがあります。これは不快なことがありますが、修理は非常に簡単です。時には、歯科矯正医に診てもらう必要があるかもしれません。

ブレースのブラケットにあるスロットにワイヤを静かに押し込みます。新しい自己結紮括弧は、従来の括弧と同じように機能しますが、ワイヤを適所にゆるやかに保持するのに役立つクリップを備えています。

カッコにクリップ機能がある場合は、クリップを正しい位置にスライドさせてワイヤを押し下げます。ワイヤーが壊れていて鋭利な場合、鉛筆やピンセットの消しゴム端を使用して、指、歯肉や頬を傷つけることなくワイヤーをガイドするのに役立てることができます。

線材が傷害を引き起こした場合には、うがい薬で洗い流すか、塩水でうがいをして感染を防ぐ。緩いブレース線で口の内部を傷つけることができます。

緩いワイヤが傷口を形成している場合は、氷を適用して痛みや腫れを軽減します。さまざまな麻薬クリームを適用して痛みを和らげることができます。矯正歯科医師に相談して、何が最も効果的かを判断します。