どのように歯を矯正するか

中括弧を取り除いた後、笑顔をさらに強めるために歯を服用したい人もいます。歯が整列しているにもかかわらず、長さにわずかなムラがあるか、欠けた歯または過度に発音されたイヌである可能性があります。また、ブレースを歯に接着させるために使用される接着剤は、除去する必要があるざらざらした残渣を残す可能性がある。軽微なリスクがいくつかありますが、そのプロセスは一般的に安全で効果的です。

あなたの歯を治療したい理由を自分に尋ねます。ほとんどの人は、歯の不完全さや不均一さに不満を持っているため、歯科治療を検討しています。しかし、歯のファイリングは感度を高め、表面のエナメル質を磨耗させる可能性があることに留意してください。エナメルは歯を虫歯から守り、汚れを防ぐのに役立ちます。また、歯の​​間にファイリングすると、時間の経過とともにリセットされる可能性があります。だから時間をかけて考え直してください。

歯科医に相談してください。質問をして歯科医にあなたが望むものを正確に伝えるのを恐れることはありません。彼がどのような器具を使用するのか、どのように洗浄するのかを調べてください。矯正歯科医は、通常、より具体的な輪郭作業のためにダイヤモンドチップと手工具を備えた回転工具を使用する。しかし、エナメル質をあまりにも多く使い過ぎると、神経に損傷を与えて虫歯を促進することがあり、後に根管になる可能性があります。また、麻酔薬は通常使用されていませんが、矯正を取り除いただけで歯が敏感になることがあります。それが助けになるならば、完璧な笑顔の写真を持ってきて、彼にそれを見せて何かを与える。

どんなタイプの歯科作業でも歯が敏感になりますが、ファイリングは保護外層を減らし、最初は少し食べたり飲んだりすることがあります。冷たくて熱い飲み物は、特に不快感を引き起こすことがあるので、しばらくの間、ストローを飲んだり、室温の液体だけを飲むのが最善です。オレンジのような酸性の食品や飲料もこの地域を刺激する可能性があるので注意してください。通常のブラッシングは、治療を受けた領域で簡単に行える限り大丈夫ですが、しばらくの間、敏感な歯磨き粉に切り替えることができます。